コンテンツへ
ナビゲーションを開く

SimPad PLUSスキルレポータ

CPRトレーニングを測定、記録、改善します。

SimPad PLUSスキルレポータは同時にQCPRマネキン6体までをワイヤレスで制御できます。インストラクターは質の高いCPRの実地に難渋している学習者を直ちに特定して指導することができます。

SimPad PLUSスキルレポータはリアルタイムのフィードバックを促してデータを記録する他、トレーニングとCPRパフォーマンスのディブリーフィングのために全般的な測定を行います。

目的指向で使いやすい装置

ビデオが示すようにこのSimPad PLUSは設定と操作が簡単です。

スキルレポータは、レールダルが シミュレーションとCPR研修のために特別に開発したSimPad PLUS上に構築しています。

SimPad PLUSスキルレポータはレサシアンQCPR, レサシジュニアQCPR および レサシベビーQCPRに接続できます。

各製品共にUSBケーブルで接続可能、さらにレサシアンQCPRではワイヤレス接続もできます。複数のマネキンを使用するときはワイヤレス接続のためにルーター*を使います。

*2018年以降に出荷されたレサシアンQCPR充電式では、このルーターを使用しません。

 

手技が確認できるリアルタイムフィードバック

SimPad PLUSスキルレポータソフトウェアは、QCPRのために包括的で使いやすいフィードバックを提供します。トレーニング中インストラクターは同時に6体のマネキンまで次の状態を測ることができます:

  • 圧縮率と深度
  • 各圧縮の適正な解除
  • 適正な手の位置
  • 中断の頻度と長さ
  • 適正な通気量
  • CPRシミュレーション中の重要事項の自動および手動による記録

必要な場合には、評価モードでトレーニングを行うことによって、ライブフィードバックを行わず評価レポートのためにデータを記録することができます。

SimPad PLUSの操作、SimPad PLUSを使った評価方法はこちら
SimPad PLUSを使った手技の評価
Session Viewerとの組み合わせ (デブリーフィング効果の向上)

 

ユーザーが使いやすく改善が必要な点に重点を置く個別仕様のレポート

SimPad PLUSスキルレポーターは全般的な実績スコアを算定し、研修中に得たデータに基づいて改善が必要な部分を要約します。

実績要約から容易に詳細なデータにアクセスできるので、改善が必要な部分について詳細なフィードバックを提供できます。このような柔軟性があるため各研修者が学習してCPR実施能力を改善するために研修指導者は個別的なフィードバックを提供することができます。

サポートのダウンロードより入手できる無料のセッションビューアソフトウェアを使ってデータとレポートを簡単にPCに転送して閲覧、プリント、バックアップ保存を容易に行えます。

研修セッションの行き届いた管理

フィードバックとレポートのすべての機能に加えて、SimPad PLUSスキルレポータは研修指導者に次の事項を可能にします:

  • 除細動器の同時使用を行うための心拍管理
  • AED Trainer 2およびAED Trainer 3の遠隔制御(Laerdal Linkシステム経由)
  • 圧縮と通気のための限界閾値調整(欧州蘇生評議会 (ERC) / 米国心臓協会 (AHA) ガイドラインの事前設定を含む。
You must be logged in to submit the form.